良く眠れる方法【セロトニンを増やす】

セロトニンを増やす


ヨガにはセロトニンを増やして睡眠障害を治す効果がある
24年06月24日
高校受験の時に無理をして受験勉強を行った結果、高校に合格する事はできましたが睡眠障害になった私は、夜に寝れなくなりました。その時は病院に行って医者から薬を処方して治す事ができましたが、社会人になって1年目の時も同じく睡眠障害になり、寝れなくなりました。理由は仕事からくるストレスです。高校生の頃はまだ病院に行く時間があったけど、社会人になって1年目の私には忙しさから病院に行く暇がありませんでした。なので自分で何とかしようと、インターネットで検索しました。その時によく見かけていた言葉がセロトニンです。セロトニンを増やす方法について解説します。セロトニンは、睡眠に大事な「メラトニン」を分泌させるのに大事な物質です。その為にもセロトニンを増やすことが大事です。セロトニンは精神面に大きな影響与える神経伝達物質で不足すると、うつ病や不眠症等の精神の病気になる事が分かりました。セロトニンを増やす方法は呼吸法やセロトニンが入ったサプリを飲む等、いくつかありましたがその中から私が選んだのがヨガです。何かを購入する必要もなく、無理なく行う事ができるというのが選んだ理由です。毎日行う時間を決めて20分前後行った結果、半年ほどで睡眠障害が治りました。ヨガをはじめて3年たちますが二度と睡眠障害にはなりたくないので、ヨガはやめる事なく今でもほぼ毎日行っています。

セロトニンと睡眠の関係
24年06月24日
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質です。セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて暴力的になったり、うつ病を発症すると言われています。このセロトニンと睡眠には深い関係があります。人間は朝起きて、日中は活動し、夜に眠ります。このリズムは遺伝子に刻まれており、この習性を体内時計と言う言葉で置き換えることが出来ます。この体内時計の調節に大きく関係しているのがセロトニンです。セロトニンは、朝自律神経に働きかけ、脳を覚醒させ、交感神経を刺激します。そして夕方から夜に掛けてセロトニンは働きを弱めて今度は副交感神経が優位になり、身体が落ち着いて眠り入りやすくなります。このセロトニンの働きが何らかの利用で働かなくなってしまうと、生活のリズムが崩れて睡眠にも影響を与えます。夜眠くなる時間が遅くなり朝の目覚めもズレはじめ、体内時計が狂いはじめます。 セロトニンの不足を予防する方法があります。それは日中はしっかり太陽光に当たることと、夜は部屋を暗くすることです。ちょっとした事ですが、光に注意をすることで睡眠のリズムを保つことが出来ます。サプリでもセロトニンが増やせるようです。不眠サプリなどが、その作用が期待できるようです。